ホワイトニング治療とは

ホワイトニングとは、薬剤や機器を使って歯の色を白く明るくする施術方法です。口元を美しく仕上げる歯科治療の基本的なメニューのひとつですので、歯医者さんのレベルを知るひとつの指標になるかもしれません。
ホワイトニングには自宅でできるホームホワイトニングと、通院するオフィスホワイトニングの二種類があります。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングとは、歯医者さんで専門スタッフが施術するホワイトニングです。薬品と光照射器を使う方法で、一回でもかなりの効果が期待できます。ただ、通常は三回程度の歯科への通院が必要で、一回にかかる時間はおよそ一時間です。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、自宅で自分の時間に合わせて行うホワイトニングです。まず歯型を取ってオーダーメードのマウスピースを使用し、そのマウスピースに薬品を塗布して装着します。ホームホワイトニングはゆっくりと歯を白くしていき、後戻りの少ない効果的な方法です。

ホワイトニング治療で白い歯になろう!【歯医者に通うワケとは】

治療

歯を白くすることで得られるメリット

ホワイトニングした白い歯は様々なメリットが得られます。白い歯は相手に清潔感や明るいイメージを与え、第一印象がよくなります。特にホワイトニングをするということは、これまで自分の歯に今まで自信が持てなかったということがあげられます。しかし、治療をすることでそれがなくなり、人と積極的にコミュニケーションするようになります。また、せっかくホワイトニングしたのだからと、今までより一層、ホームホワイトニングも含めた歯のケアをしっかりするようになり、歯の健康の改善につながることもあるでしょう。

歯医者を利用したいと思うきっかけランキング

歯型
no.1

痛みや腫れ、出血があったから

やはり多いのは、腫れや痛みなどの自覚症状があったからです。虫歯や、歯周病など具体的な症状が起こったから、歯医者に行くというのが、日本の場合は非常に多いです。しかし、歯の健康を守るためには、腫れや痛みが出る前に発見できる状態にしておくのが一番理想といえます。

no.2

過去に治療した箇所に不具合が生じたから

例えば、詰め物をしていた箇所がはずれた、差し歯が抜けた、インプラントや入れ歯の調子が悪く、痛みを伴うなど、過去に治療した箇所に何らかの不具合が生じた場合もやはり、皆さん歯科に通われます。これも、虫歯や歯周病などと同じで、日常生活に支障をきたすなどすると皆さん歯医者に頼るということです。

no.3

定期的に通う時期が来たから

歯の定期健診を受診している方は日本ではまだまだ少ないようですが、昔に比べると、高齢者が増加し、歯を保つことの重要性が徐々に認識され始め、定期健診を受診される方も一定数いらっしゃるようです。また、ホワイトニングやインプラント、歯列矯正など定期健診が必要な治療をされた方はもちろん、歯医者さんでも積極的に推奨している所もあります。

歯科を選ぶ上で気をつけること

歯科はどこでも同じ治療を受けられるわけではなく、歯医者さんによってそれぞれ特徴や得意分野があり、また、患者本人との相性もあります。そのため、歯医者は慎重に選ばなくてはなりません。
一般的に注意する点は、
1.検査結果や治療の必要性を詳しく説明してくれ、治療内容や選択肢をきちんと提示してくれるか?
2.歯科衛生士などのスタッフや治療に必要な設備・器具が充実しているか?
3.自分の得意な治療や専門分野を打ち出しているか?
といったところでしょうか?
実際に歯科へ行って見て、どんな対応をしてくれるのかそこを見てから治療を進めるかどうかの判断をしてもいいでしょう。

広告募集中